ずくや昌楽について

IMG_7148d1200

ラーメンを作り始めて30余年。ずくや昌楽をオープンして今年で7年目を迎えました。

まだまだ日々研鑽の毎日です。そして想うこと。

ラーメンはごく日常的に食べられる食事です。しかし

一杯の満足感とそのお店ならではという個性がなければなりません。

ずくや昌楽は6年前、羊肉を使った辛味噌をベースとする「ずくやラーメン」を開発。

以来、近隣はもとより、信州を訪れる多くのお客様に親しまれてきました。

常連のお客様のなかに辛いラーメンがお好きな方がいらっしゃって

そのご要望にお応えしているうちに、ついに辛さが50辛まできました。

0IMG_6104d120015

しかし辛いラーメンはいきなり激辛から始めるのではなく

普通の方は1辛から、辛いものが大好きという方でも5辛からチャレンジしてみてください。

少しづつ、辛さの中にある「旨味」を感じられるようになります。

毎回2辛という常連のお客様も多いですね。

辛いスープは苦手という方は「油そば」でどうぞ。

同じく0辛~50辛までご用意していますしスープの多い「ずくや」より

ピリピリ感が少ないので食べやすいですね。

またずくや昌楽では辛いラーメンだけでなく、伝統の葱ラーメン「昌楽」、

香ばしい「ラー油ニンニクラーメン」など個性あるラーメンを多数取り揃えております。

様々な滋養成分を使ったスープとのコラボレーションをお楽しみください。

また、ここだけの製法で作っているメニューも多数あります。

IMG_5662d1200

皮から自家製の「棒餃子」や新餃子「ブースカ」、

ある閃きで発見した短期熟成法で柔らかさを実現した「ポークステーキ」、

ラーメンとセットにするとお得で豪華な丼類なども人気です。

IMG_5673d1200

使いやすくてここだけの味を楽しめりお店。

ずくや昌楽のモットーは「安くて旨い」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>